「キラキラ星通信」第103号を

         発行しました

 

キラキラ星通信 第103号(2020年10月31日)

 

・裁かれるのは裁判官 

        角替清美(袴田事件弁護団)

・袴田巖さんに生活支援カンパをお送りしました

 ご支援のお礼 袴田秀子さん

・袴田事件をめぐる報道

コロナウイルス禍がもたらした死刑廃止へ の路―生命の不可侵実現へ― 

  菊田幸一(明治大学名誉教授、弁護士)

・巖さんの依頼を根拠に最高裁へ申し立てを しました 白砂 巖

・活動日誌 

 高裁前座り込み、公開学習会、実行委員会 「再収監を許さない1日行動」のお知らせ

 

 

 

              A4版10ページ


 

 

「キラキラ星通信」第102号を

        発行しました!

新型コロナウイルス感染拡大への対応で、通信の発行が2カ月近く遅くなってしまいました。申し訳ありません。

 

キラキラ星通信 第102号(2020年5月15日)

公開学習会(PART42)

 「袴田事件」と日本の冤罪 鎌田慧さん講演録

・最高裁に請願署名を提出 袴田巌さんを救う会

  救う会メンバーの請願書7通

・みなさまからのメッセージ 44人分

・袴田事件をめぐる報道(2019.12.31〜2020.5.1)

・活動日誌

・会計報告

 

               A4版20ページ


 

 

キラキラ星通信 第101号(2019年12月15日)

 

公開学習会(PART41)「死刑とえん罪」

 飯塚事件弁護団共同代表 徳田靖之弁護士 講演録

・ローマ教皇訪日 

 袴田巖さん、秀子さん、東京ドームでのミサに出席

  〃 聖エジディオ共同体主催「国際シンポジウム NO JUSTICE WITHOUTLIFE いのちなきところ正

 義なし日本の死刑制度の今後について」に出席

・袴田事件をめぐる報道(2019.7.16〜11.26)

・活動日誌(2019.7.18〜12.15)

 

                 A4版14ページ


 

 キラキラ星通信 第100号を発行しました。(2019年7月12日)

 

 ・公開学習会(PART40)「いま、再審開始のために何が必要か」

          袴田事件弁護団 戸舘圭之弁護士 講演録

 ・「キラキラ星通信」第100号発行に寄せて

  ・袴田巖さんの再審無罪を求める実行委員会の最高裁宛て要請書

 ・高裁前座り込みの1年

 ・袴田事件をめぐる報道(3/20〜6/8)

 ・活動日誌

                      A4版18ページ