無実の死刑囚・袴田巌さんを救う会のホームページ

  2014年3月27日、再審開始決定が静岡地方裁判所(村山浩昭裁判長)

  から出され、袴田巖さんは47年7ヶ月ぶりに東京拘置所から釈放されました。

  しかし、検察官が東京高裁に即時抗告、2018年6月11日、東京高裁

(大島隆明裁判長)は再審開始決定を取り消すという不当決定を出しました。
これを受けて弁護団は最高裁に特別抗告しました。

 

2020年12月22日、最高裁は、東京高裁の決定

を取り消し、東京高裁に差し戻しました!

 

5人の裁判官のうち2人は再審を開始すべきとしているため、あと1人同じ

意見であれば、差し戻すまでもなく袴田巖さんの再審が開始されたはずでした。

84歳の袴田巖さんにとって、再審開始までさらに裁判が続くことになります。
東京高裁が迅速に再審開始を決定することを願っています。

袴田巖さんの冤罪(えんざい)が雪がれ、再審完全無罪を得られるよう、

引き続きみなさまのご協力をお願いいたします。

 

           ←最高裁決定に関する報道はブログでご覧ください。

 

 



 

<東京高裁前座り込みについて>

 


2018年6月11日の東京高裁による再審棄却決定に抗議して始めた
高裁前座り込みは、
毎月11日(土日休日の場合は翌平日)に行っています。

 第36回座り込み 11月11日(木)に行いました。
 第37回座り込み 12月14日(火)12:30〜14:30に行う予定です。
                            

                     
問合せ:080-3494-6126(おおたけ)

☆袴田巌さんを救う会の門間正輝代表、幸枝副代表ご家族で構成する
門間ゴスペルファミリーが、「袴田事件」一審裁判官で、無罪心証を
持ちながら死刑判決を書かざるを得なかった熊本典道さんの1周忌に
メッセージコンサートを開きます。どうぞご参加ください。
門間ゴスペルファミリー 
ヒューマンライツ メッセージコンサート 2021
 ~パウロ三木 熊本典道師の1周忌を迎えて~
日 時:12月12日 (日) 開演 午後2時 (開場1時45分)
会 場:小金井 宮地楽器小ホール
     (JR中央線「武蔵小金井」南口駅前)
入場無料(カンパ歓迎) 
主 催:門間ゴスペルファミリー
後 援:多摩パーチェムの集い
<申込先>
 電話:080-5406-4127(もんま)       チラシはこちら     
    080-3494-6126(おおたけ)         20211212gospelfamily-a.pdf
    FAX:042-394-4127            20211212gospelfamily-b.pdf  
    Eメール:m.gospel_family☆ezweb.ne.jp
     (☆を@にかえてお送りください)



 

11月22日、三者協議が開かれました。

 

報道はこちらから。

 

次回は2022年3月14日です。

 

 

 

 

 

 

 

 

2021年8月30日、第3回の三者協議が開かれました。

 

次回は11月22日です。

                   

       ➡︎報道はこちらから

 

 

 



<署名のお願い>

       署名キャンペーンにご協力をお願いします!

 

2020年12月22日、最高裁は東京高裁へ差し戻す決定を行いました。
署名の役目はまだ終っていません。一日も早く再審開始の決定を出すよう、
東京高裁にみなさまの声をお届けください。


☆署名用紙をダウンロードしてご署名ください。お書きになった署名用紙は、下記の救う会までご郵送いただけますようお願いいたします。 

 

189ー0003

東京都東村山市久米川町1-50-1-4-401

 門間気付

無実の死刑囚・袴田巌さんを救う会 行

 

ダウンロード
高裁差戻審署名202107(5人用).pdf
PDFファイル 296.2 KB


 

  ◯ 袴田巌さんを支援する8団体で構成する

   実行委員会でも署名を集めています。

 

ダウンロード
高裁差戻審署名2021(実行委員会).pdf
PDFファイル 127.8 KB


 

「キラキラ星通信」第105号を

         発行しました

 

キラキラ星通信 第105号(2021年7月22日)

 

・公開学習会(PART44)「冤罪を体験して」

 桜井昌司さん講演録

・追悼文(熊本典道元裁判官への)
       全号で掲載できなかった分

・実行委員会全国集会

・「袴田事件」をめぐる報道

・活動日誌 会計報告 

<別刷り>

・桜井さん講演の記事/門間ゴスペルファミリー  

 (平和チャリティコンサートin多摩)/日本で 

 の死刑制度の廃止を求める日弁連会長談話

 

<同封物>

・袴田事件ー再審を認めぬ故再決定を取り消し、審理差し戻し 正義を求める袴田巖の終りなき闘い」(日弁連「再審通信121号抜刷り)

・死刑をなくそう市民会議「市民会議ニュース」第4号 

 

 

公開学習会(PART44)「冤罪を体験して」

 桜井昌司さん(布川事件・冤罪被害者)

 

 ⬅︎ 左側の<動画>をクリックすると、
  桜井昌司さんの講演の動画を見ることができます。

 

 

 

「キラキラ星通信」第104号を

         発行しました

 

キラキラ星通信 第104号(2021年2月20日)

 

・最高裁第三小法廷決定について

・公開学習会(PART43)

 「再審法改正をめざして」周防正行さん講演 

・一審元裁判官・熊本典道さんを悼む

・最高裁決定を受けた日弁連会長声明

・袴田事件をめぐる報道

・活動日誌 

 東京高裁前座り込み、『主よ、いつまでです  か』値下げ、実行委員会全国集会、「新版   死刑廃止を考える」出版 各お知らせ

・別刷り6ページ 最高裁決定新聞記事、

・門間幸枝副代表を取り上げた記事(アサココ) 

     A4版18ページ+別刷り6ページ



公開学習会(PART43)「再審法改正をめざして」

 周防正行さん(映画監督、「再審法改正をめざす市民の会」共同代表)

 

   動画を視聴できます。目次の<動画>をクリックしてください。

 


訃報 熊本典道元裁判官

                        ➡️ 詳細は目次の「熊本典道元裁判官」をクリック

 2020年11月11日、「袴田事件」一審元裁判官の熊本典道さんが福岡市の病院でお亡くなりになりました。83歳でした。
 1968年9月の静岡地裁判決を担当した熊本典道元裁判官は、2007年2月に39年の沈黙を破り、公判当時袴田巖さんの無罪を主張したものの、他の2人の裁判官を説得出来ず、主任裁判官として死刑判決を書かざるを得なかった。被告人席に来た時の袴田巖さんの顔、判決言い渡しの時にガクンときた様子を思い出さない日は一日もない、と涙ながらに告白しました。この証言は日本のみならず世界に衝撃を与え、各国で報道されました。
 救う会では、第1次再審請求時の最高裁(2007年6月)と第2次再審請求の静岡地裁(2014年2月)へ、熊本さんの陳述書を添えた上申書を提出して、袴田巖さんの再審無罪を訴えてきました。
 11月3、4日、病床の熊本さんを救う会のメンバーがお見舞いしたのが最後となりました。心よりご冥福をお祈りします。


 

 

「キラキラ星通信」第103号を

         発行しました

 

キラキラ星通信 第103号(2020年10月31日)

 

・裁かれるのは裁判官 

        角替清美(袴田事件弁護団)

・袴田巖さんに生活支援カンパをお送りしました

 ご支援のお礼 袴田秀子さん

・袴田事件をめぐる報道

コロナウイルス禍がもたらした死刑廃止へ の路―生命の不可侵実現へ― 

  菊田幸一(明治大学名誉教授、弁護士)

・巖さんの依頼を根拠に最高裁へ申し立てを しました 白砂 巖

・活動日誌 

 高裁前座り込み、公開学習会、実行委員会 「再収監を許さない1日行動」のお知らせ

 

 

 


 

高裁前座り込みを再開しました!

 

 

静岡地裁から出された袴田巖さんの再審開始決定を東京高裁が取り消してから2年目の2020年6月11日、新型コロナウイルス感染症への対応で中止していた高裁前座り込みを再開しました。当面は、少人数のスタンディングの形で行いたいと思います。

 

 ブログで随時報告しています http://hakamadasukukai.seesaa.net/

 




 

<高裁前座り込み中止のお知らせ>

 

   〈拡散歓迎〉


  東京高裁前座り込み「袴田巖さんの再審完全無罪を願って!」

2018年6月11日の東京高裁による再審棄却決定に抗議して始めた
高裁前座り込みは、
毎月11日(土日休日の場合は翌平日)に行っています。
署名活動も行っていますので、ご協力をお願いします。

第20回座り込みを3月11日に予定していましたが、
新型コロナウィルス感染拡大状況を考慮し、中止させていただきます。
4月以降は未定です。再開できるようになりましたらお知らせします。
 

<全国集会中止のお知らせ>

 

 2020年3月28日に予定していました「袴田巖さんの再審無罪を求める実行
委員会」主催の「無実の死刑囚袴田巖さんに真の自由を!再審開始を
求める3・28全国集会」は中止となりました。

 新型コロナウィルス感染拡大を考慮し、恩赦を求める要請行動と
再審開始を求める最高裁要請行動を関係者のみで行う予定です。

 

 


最高裁へ請願署名を提出しました

 

 2020年2月17日、無実の死刑囚・袴田巌さんを救う会は、最高裁へ袴田巖さんの再審開始を求める請願署名1,777筆を提出しました。1991年から集め始めた署名の累計は、国内外合わせて138,478筆となりました。

 最高裁では、救う会顧問の菊田幸一弁護士(明治大学名誉教授)、公開学習会を共催しているカトリック東京教区正義と平和委員会の大倉一美神父、門間正輝代表はじめ救う会メンバー8名等が参加、それぞれが書いた請願書を読み上げたり意見を伝えたりしました。浜松からは袴田巖さんのお姉さんである袴田秀子さんもかけつけ、最高裁ではじめて要請を行いました。その後、東京高裁内の司法記者クラブで記者会見を行いました。

 



 

無実の死刑囚・袴田巌さんを救う会の新しいホームページへようこそ!

20万人以上の方々のアクセスをいただきましたが、プロバイダーが

ホームページの提供を終了したため、こちらへ引っ越しました。

今後ともよろしくお願いいたします。(2017年11月)